貸切バスの料金に注意する

貸切バスを利用したい方はできるだけコストを抑えたいという方が多いでしょう。バス会社を選ぶ際に料金に注目してみることはとても良いことです。そうすることによって、お得な条件で利用できるバス会社が見つかります。
ただし、バス会社の料金というのは基本的にその地域にある運輸局に届け出をすることが決められています。事前に届け出をしてそれが認められて初めて料金が決まるので、極端に高かったり、極端に安いような料金の会社というのは存在していません。利用者のことをよく考えた料金の会社ばかりとなっているのです。そのため安心して利用することができます。

貸切バスの料金については平成26年の4月から新しい制度となっています。制度についてはこれからも変更される可能性があるため、定期的にチェックしておきましょう。
新しい制度が制定された理由としては、より安全性を向上させるために極端に安い料金のバス会社を排除するようにしているためです。そのため、どのバス会社を選んだとしても安全運転をしてもらえることが確証できるようになりました。

料金の決まり方としては時間と距離によって料金幅が算出されており、その中からそれぞれのバス会社が貸切バスの料金を決めるというシステムとなっています。
時間制運賃と、キロ制運賃があります。時間制の場合はバス会社の車庫で出庫前点検をするための1時間と帰庫したあとに点検をするための1時間を加えて総合してどれくらいの時間バスを利用していたかで計算されるのです。短い利用だったとしても最低5時間分の料金が発生するようなしくみとなっています。キロ制運賃では車庫からの距離を合わせて計算してどのくらいの距離を走ったのかに応じて料金が決められます。
さらには別の追加料金が発生することもあります。深夜や早朝には特別料金がかかり、特殊な車両については割増料金が発生することがあるのです。

上記のような料金制度が存在しており、それによって貸切バスの料金は決められるようになっています。料金幅が決まっているということは、その幅の中で自由に料金を設定できるということです。そのためできるだけお得に貸切バスを利用したいならば、現在の制度であってもバス会社同士を比較することには意味があるでしょう。
また、バスの種類によっても料金は異なるケースがあるため注意しましょう。大型のバスになるとそれだけ装備が豊富になっており、より高額な料金がかかることが多いのです。料金にも注目して貸切バスを検討しましょう。